デカトイプードルと3人の子供の気ままな日記。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
運動会の後編です。

リレーではアンカーという大役でしたが、
残念ながら、前の番の子で抜かされてしまい、抜き返すことも出来ず、
大差を縮められないまま、ゴール。
バトンをもらった時から泣きながら走りました。


IMG_1958.jpg

IMG_1959.jpg


途中で投げ出すのではとも思いましたが、最後まで泣きながら走りきりました。
見ているこっちも泣きそうで、( 泣きましたが。 )
もらい泣きした方、多かったかもしれません。
悔しくて、大泣きはそのあとも続き。
周りの同じチームの年長さんも一緒に泣いていました。

親子リレーの時にはすっかり泣き止んでいたのでホっとしました。
クラス親ゲームも盛り上がり うちのクラスはビリ2。

そのあと 母対父の綱引き。
これはもう本気です。 また雨が降ってきてしまい、一発勝負。

もちろん、母チームが勝ちました。 ちょっとの差だったけど。

その後、片づけをして保育園で慰労会をしました。
年長さんの保護者は全員、ひと言言ったのですが、
アタシは思い出しちゃって、泣きながらひと言話してきました。

ダメね。涙もろいのは。
頑張ったね! しゅぅ。 偉かったよ。

勝ち負けを気にする親御さんもいるようで。
でも勝ち負けは、この先イヤって程出てきます。
世の中に出れば尚のこと。 

遅かれ早かれくるので、だったら早いうちから慣れていたほうがいいとは思うのですが。
ダメですかね。

勝つことも負けることもメンタルを鍛えるし、
相手の気持ちも分かると思うのでアタシはイイと思っています。
負けて悔しいから、次は勝つぞ!って気持ちが出来るし、
勝って嬉しい♪ 負けた人を見て悔しくて泣いている姿を見て、
なんとも思わないなんて子なんて居ないと思う。
何か感じるはずだと。

いつも勝つ子が本番では負けてしまった。
そんなこともある。 実際にしゅぅは負けました。
うちの子はいつも負けてばかりでかわいそうだからと言って
そのこと自体を無くしても何の解決にもなって居ないと思う。
そういうことを言う親御さんも世の中にはいるそうで。

世の中に出た時、戸惑うのは子供。
それで引きこもることも多いそう。
練習は大事。 小さな事だけどこれも練習だと思う。
園長先生も
『 うちの園ではそういうことを経験して気持ちの面でも育って欲しい。 』
っておっしゃってました。
無くしてしまうのは簡単だけど、練習の場を摘み取ってしまってはいけない。
そう思います。

失敗は経験になっていくのだから。
決して失敗ではなく練習。それが経験となり失敗しなくなる。
失敗は成功の元。
これは間違っていないと思う。失敗なくして成功なし。

自分の子が負けて悔しいのはイヤだけど、
悔しさの中に何か違うものがあるとアタシは思っています。

そうやって大きくなっていくと。
確かに失敗して欲しくないからダメだよって答えを教えがちですが、
失敗しないと、痛い目に合わないと本人は分からないと思うんですよね。
自分で気付かないと、体験しないと、考えないと覚えないと思います。

なんでもやらせてみて、自分で出来るかどうか、考える力も必要だと。
善悪は教えないとダメですけどね。

そんなところまで広がった運動会のお話でした。

IMG_2022.jpg



にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ いつもポッチっと押してくれて感謝です。ありがとうございま~す♪
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。